トップページ>災害対策グッズ



SITE MAP

震災対策防災グッズ、地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明 P波S波の時間差から発生するP-Sタイム、P-S時間のビッグ・アドバンテージ地震防災事前対策グッズ 震災対策地震前兆感知警報器

震災対策防災グッズ、地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明 P波S波の時間差から発生するP-Sタイム、P-S時間のビッグ・アドバンテージ地震防災事前対策グッズ 震災対策地震前兆感知警報器

防災グッズ、地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明 P波S波の時間差から発生するP-Sタイム、P-S時間のビッグ・アドバンテージ地震防災事前対策グッズ 震災対策地震前兆感知警報器

緊急防災害対策グッズ、地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

緊急防災害対策グッズ、地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

緊急防災害対策グッズ、地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

緊急防災害対策グッズ、地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

地震防災事前対策グッズ 震災対策地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

地震防災事前対策グッズ 震災対策地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明

地震防災事前対策グッズ 震災対策地震前兆感知警報器のダンプリング工房スタッフの波子、ヒゲッキー・バスターズのナマズ型ロボットのアドバンテージ・ピー、
そしてクイック・ノーティスが説明するナマズ・コップのセット方法と取扱説明





戻る



以下は旧型(ナマズ・コップ Ver.1)の説明・・・(参考資料)

吊り下げ式ホルダーの場合は、

1.輸送時はカップ保持の腕の部分は丸めてあります。
2.これを手で広げます。
3.コップがおよそ水平になるように腕の形状を調節します。
4.コップにボールを入れて、軽く指で弾いてみて音が出るか確認します。

ポイント:
ボールはコップの中央付近が一番感度が良くベストです。
コップの角度などを調整するときには脚立や踏み台の上に乗ったまま調整しないで下さい。
必ず、安定したところで調節してから後、蛍光灯などの高い位置へさげるようにして下さい。
コップに入れるボールは一個です。


卓上式ホルダーの場合は、

1.コップが水平になるようにホルダーの上に置きます。
2.コップにボールを入れて、軽く指で弾いてみて音が出るか確認します。

もし、ホルダーの形状が崩れても簡単に修正できます。

手で癖をつけるようにして修正します。

長、短波長は横に並べても良いのですが。

タテに並べて置くこともできます。。

ポイント1:
ボールはコップの中央付近が一番感度が良くベストです。
タテに並べる場合は、お互いのコップが干渉しないようにセットして下さい。
置く位置によって感度に差が出る場合があります。絨毯やマットなどの上は感度が落ちます。
コップに入れるボールは一個です。

ポイント2:
コップ底部は、三角形状の凹部を形成しています。
もし、何かにぶつけたりなどして変形してしまい、逆の凸形状などになった場合は、(コップ中央部が盛り上がる)
長い棒などを利用して、コップの口側方向から凹形状になるようにやや強めに押してください。
その際は、先端が鋭利な棒ではなく、鉛筆の後端やドライバーのグリップ後端などの丸い部分で押してください。

トップページ>災害対策グッズ